大学スポーツの醍醐味

醍醐味

大学に入ってから、大学のバスケットボールの試合に何度も見に行きました。
彼氏が同じ大学のバスケットボール部に入っているので、週末になれば観戦グッズをもって応援に行っています。
スポーツって実際にするのもいいですが、見るのも素敵ですよね。
応援の力は、必ず選手に伝わっているのですから。
一生懸命に応援することによって、選手との気持ちが一体になっている気がします。
自分が試合に勝ったときと同じような感動を得ることができますからね。

それにわたし自身も大学に入ってスポーツすることで、変わったことが沢山あります。
わたしはテニスをしていて、試合にもよく出ているのですが、試合はいつも同じ条件で行われるわけではありません。
特に屋外でおこなわれるスポーツは、気象条件などもプレーに影響してきます。
人によっては負けた理由を、このような条件にしてしまう人がいます。
しかし負けた本当の理由は、このような理由ではないはずです。
なぜなら、風は自分がうつときだけではなく、対戦相手がうつときも吹いていたはず。
コートの条件にかんしても、相手と同じでしょう。
本当の負けた理由は、悪条件に対応できなかった自分なのです。

わたしはスポーツを通じて、自分の力で変えられないことに文句をいっている自分の愚かさを知りました。
そしてこの状況を克服しようと努力して、悪条件に強くなったのです。






What's New

2013/02/28
新着記事3を更新。
2012/11/27
新着記事2を更新。
2012/10/11
新着記事を更新。
2012/05/18
感謝するを更新。
2012/05/18
プレッシャーを更新。
2012/05/18
忍耐力を更新。
2012/05/18
病気防止を更新。
2012/05/18
大学スポーツの醍醐味を更新。
2012/05/18
ホームページリニューアル

おすすめ記事

次元

もう大学スポーツって、学生のスポーツの領分を超えていますよね。それくらい次元が違うんです。雰囲気が違うんです。ただ楽しく遊びたいだけの人にはあまり向いていないかもしれませんが、上を目指すならもってこいです。

大学は違いますね

これまでバスケットそしてきましたが、大学に上がると格段にレベルが違います(笑)もうね、オジサン何もできないよ・・(泣)なんてついついめげてしまうほどです(笑)

凄み

大学スポーツでは、人間ドラマが肌で感じられるような「凄み」がありますよね。やっぱり参加しているみんなが全力でやっているからこそ、伝わってくる雰囲気や勢いのようなものが存在しているように感じられますよね。